浅草ねぷた祭りってどんなお祭り? 2017年の日程は?

浅草でねぷた?

浅草ねぷた祭りは正式名称、「弘前ねぷた浅草まつり」というお祭り。今年(2017年)で第七回目という比較的、新しく始まったお祭りだ。

ちなみに「ねぷた」と「ねぶた」の違いは、扇型と人形の違いなど諸説あるようだが、地域によって呼び方が違うというのが有力のようだ。弘前あたりは「ねぷた」で北津軽などは「ねぶた」と呼ぶ。で、このお祭りは弘前からくるので浅草「ねぷた」祭り。

スポンサーリンク

どんなお祭り?

その名の通り、はるばる弘前からきたド迫力のねぷたが浅草の町を練り歩くお祭り。

弘前ねぷた浅草まつり 【平成28年】 浅草寺2

[ 4K Ultra HD ] 弘前ねぷた 浅草まつり Hirosaki Neputa Asakusa Festival in Tokyo (3-axis gimbal stabilizer)

浅草といえば三社祭が有名だが、こちらのねぷたも負けず劣らずの迫力で楽しそう。浅草の下町の風景と東北の雄大なねぷたが相まって幻想的な雰囲気。ぜひ、一度は見てみたいお祭り。

2017年の日程は?

開催日:      2017年 11月18日(土)、19日(日) ※暴風雨の場合は中止

ねぷたの運行時間: 昼は12時45分 夜は16時45分

場所:       奥山おまいりまち(浅草寺側の奥山門から、つくばエクスプ          レス浅草駅近くの奥山大木戸門)や西参道など。

ちなみに、ねぷただけでなく、弘前りんごの販売や物産市などもあるそうです。

詳しくは公益社団法人、弘前観光コンベンション協会のホームページにも掲載されています。

まとめ

昨年参加された方々の反応は以下の通り。

ねぷたを一度は見てみたいけれど、東北はちょっと遠い……。という都内住みの方には良い機会ではないでしょうか? 興味があればぜひ覗いてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする