100円ローソンの「大人の麺ソース ジャージャー麺」で一食150円飯

米を買うのが面倒

麺モノばかり食う。米を買うのが重くておっくうだからだ。

一口に麺類といっても、うどん、そば、そうめん、パスタなど色々な種類があるが、それでも麺ばかり食べていると食傷になってくる。

ローテーションしていても食べ飽きてくる。しかし、米が重くて買うのが面倒などとのたまっている人間だから、同じように料理も面倒でできない。

お金がないんだからちょっとは節約のために料理ぐらいは覚えなさいよというところだが、料理生活が一生続くかと思うとどうにもやる気が起きない。

そんな、手元不如意にも関わらず料理もしないものぐさな私の食事にちょっとした革命が起きた。うどん、そうめん、そばを麺つゆで食べる、パスタを市販のパスタソースをかけて食べるというローテーションに新たに中華麺&市販のソースによるジャージャー麺というラインナップが入りそうなのだ。

これはドラクエ6でいえば、「せいけんづき」や「ばくれつけん」といったいわゆる使える技を習得したときと似ている感覚だ。

給食のジャージャー麺ってうまかったよね

うどん、そば、そうめんを茹でて麺つゆで食べるだけ、あるいはパスタ乾麺を茹でてパック入りのパスタソースをかけるだけといった料理ともいえないほど簡単な食事をしていた私が、新たにラインナップに加えるということは、ジャージャー麺も料理とはいえないほど簡単ということである。

調理に必要なものはこれだけだ

・中華麺

・ジャージャー麺のソース

以上である。わざわざレシピ風に箇条書きにする必要もなかった。同じようにわざわざ箇条書きにする必要がないかもしれないが、調理工程を記したい。

・100円ローソンに売っている「食べ方いろいろ!中華麺」を茹でる。

・茹でたら水洗いする(温かいジャージャー麺が良ければ水洗いしなくても良いが、茹でた麺特有の小麦の匂いがいやという人は水洗いをおすすめする。)

・100円ローソンで売っている「大人の麺ソース ジャージャー麺」をかける。

・もうこれで完成。余裕がある方は、同じく100円ローソンで売っている温泉卵をトッピングしても良いだろう。100円で4つ入りなので、一つ25円。

完成作品がうまそうに見えないのは、私に美的センスがないからだろう。食べるとうまい。給食で食べたジャージャー麺によく似ている。いくらでも食えそうな気がする。

まとめ

「食べ方いろいろ!中華麺」は一袋に4束入っている。男性なら二束は必要だろうから麺代は50円。「大人の麺ソース ジャージャー麺」は100円だから合計150円だ。温泉卵をのせても175円。

パスタの場合、500gの乾麺を3分の1程使うから麺代は約33円。パスタソースは285gなどのたっぷり目のものを二回に分けて使うから、ソース代は50円。合計で83円となるから、安さではパスタが上回る。

しかし、私はつつましい贅沢としてジャージャー麺をたまに食べる。いつもの味気ない食生活に彩りがでる。それほど大げさなものでもないかもしれないが、中々の満足感がある。ぜひ、100円ローソンに行ったときには、ジャージャー麺の素を探してみてほしい。中華麺でなくとも、うどんなどでも使えるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする