日高屋の緑茶ハイは人によって色々な味がする不思議ドリンクだ

日高屋でよく飲む。お金がないからだ。そして緑茶ハイが好きだ。美味しいからだ。

しかし、こと日高屋では緑茶ハイはあまり頼まない。もっぱらビールいってからのウーロンハイ連打である。

日高屋も好きで緑茶ハイも好き、しからば緑茶ハイを頼むのが一わたりの道理というものだが、頑然頼まない。何だか変わった味がするのだ。

私的には粉っぽい、薬品っぽい何かを飲んでいる心持ちになる。それでも、自分の気のせいかしら、あるいはその日の調子によって味も変わるのかもしれないとしばらくは注文していた。が、最近になってウーロンハイに切り替えた。無理する必要はないという気づきを得てしまったからだ。

日高屋をディスっているように聞こえてしまうかもしれないが、無論そんなつもりはない。むしろ、緑茶ハイと銘打っているにも関わらず、なんかちょっと違うニュアンスのものが出てくる不思議ドリンク・おもしろドリンクとして好感を持っている。

ところで、日高屋の緑茶ハイが変わった味だと感じているのは私だけだろうか。手元不如意由来の不摂生を強いられているので、味覚が致命的なバグを起こしているだけなのかもしれない。そうなると、また別の話になってくるので一度確かめてみたい。

スポンサーリンク

やっぱり日高屋の緑茶ハイは色々な味がした

もちろん、一方でこうした意見もある。

さらに、緑茶ハイ関連のエピソードではこんなものもあった。

緑茶ハイ関連のエピソードには不思議とほっこりするものが多かった。

まとめ

人によって色々な味がするのは、焼酎が濃いからであろうか。まぁそれも嬉しいと感じる向きもある。いずれにせよ、一度お近くの日高屋で飲んでみてほしい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする