お金がないときは100g29円の激安レバーを肉のハナマサで買うべし

スポンサーリンク

高栄養かつ超安いからレバーが私を助けてくれる

前回の記事で紹介した通り、私の主食はパスタ、うどん、そばだ。親の敵のように本当にそればっかり食べている。が、当然、栄養が不足する。だから、年上の方との飲み会などで栄養を摂取するようにしているのだが、年がら年中そうした飲み会が開催れるわけではないので、栄養が不足してくる。

そんなときに食べているのが、レバーだ。レバーのことなど周知だと思うので詳細は説明しないが、鉄分、ミネラル、それに動物性タンパク質もけっこう入っている。この高栄養な食品が私を助けてくれる。しかもべらぼうに安い。普通の肉より安い。とりわけ肉のハナマサでは驚愕の安さだ。

肉のハナマサだったら100g29円のレバーが買える

店にもよって多少値段が変わったり販売していないところもあるだろうが、100g29円で販売しているところもある。これは冷凍レバーだ。見た目は、ド迫力。始めてみたら買うのに躊躇してしまいそうだが、貧乏なら仕方がない。一度買ってみよう。

冷凍だから当然だがかっちこち。家に持って帰ってきたらしばらく常温で解凍しよう。けっこうな時間がかかる&見た目が気持ち悪いが、それも詮方なし。

包丁が入るようになれば、一回で使う分に切り分けてサランラップで巻いて、冷凍庫に保存しておく。みなさんの方が料理に明るいだろうから、レシピなど書いても参考にならないだろうが、おすすめは焼肉のタレだ。かければ大抵のものはうまくなるし、何より焼いてかけるだけだから、簡単だ。

まとめ

お金がないけれど、仕事があるから体調は崩せぬ。そんなときは100g29円のレバーで栄養を摂取する。

ちなみにレバーの茹で汁はそこそこうまいというネットの記事を読んで試しに、茹で汁と塩、すこしの醤油を入れて飲んだことがあるが、そんなにうまくはない。飲めないことはない、といった感じ。

レバーのレシピを見ていると、白い部分は取ったほうが良いだの、臭みをとるために牛乳につけておいたほうが良いだのといった記事を見つける。それはそうなのだろうが、そんな繊細な心遣いのできるんだったら、私は100g29円などという激安レバーを買っていない。私は下処理もなにもしていないが、そこそこ美味しく食べられている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする