業務スーパーで買うべき安い食材。底辺飯

本当にまったく自慢ではないが、お金がほとんどない。お金がなければ節約しなければならぬ。しかし、電気をこまめにけしたりコンビニでポイントカードを出したりといった細かい節約はほとんどしていない。理由は単純明快、面倒くさいからだ。そんな煩わしいことを今後一生続けなければならないのかと思うと、頭が痛くなる。だから面倒な節約はしない主義だ。(だから、いつまで経ってもお金が貯まらないのだろう)

そんな私がしている節約は簡単だ。業務スーパーで食品を買うことだ。誰もが知っているだろうが、業務スーパーは安い。激烈に安い。が、安いからといって、ついつい不要なものを買ってしまえば本末転倒。今回は私が買って満足している食品を紹介したいと思う。

1.パスタ

もう、ほぼこれを買いに行っているといっても過言ではない。500gで100円だ。米を炊く気も失せるほどの安さ。貧乏舌なので味の良し悪しは正直言って分からないが、私は満足している。

おすすめは1.2mmのパスタだ。かなり細い。そしてなんかオシャレだ。激安のマンションで飯を食っているのにパスタが細いだけでなんだかオシャレな気分にさせてくれる。

さらに、実利もある。冷やしてもうまいのだ。パスタソースはミートソース、ナポリタン、和風醤油、ペペロンチーノなど様々なものが売っている。大抵は100円だ。これを私は二回にわけて使う。だから、一食250gほどパスタを茹でるとして(かなりボリューミーだが)パスタ代が50円にパスタソース代が50円で計一食100円で済む。自ずとこのヘビーローテーションになる。するとソースが違うと言えど流石に飽きがくる。そんなときにパスタを湯切りするときにうどんやそうめんよろしく、わしゃわしゃと水洗いしてしまうのだ。これには賛否両論あるだろう。料理に明るい人なら、風味がどうの言うかもわからないが、先述したとおり私は貧乏舌で味についてはよくわからない。そんな私の言うことだから、信用性に乏しいかもしれないが、一度冷製パスタを試してほしい。ソースはミートソースで良いだろう。これが暑いときなんかはそこそこうまいのだ。

2.うどん&そば

主食ばかりで申し訳ないが、うどんとそばも安い。棒状のものではなく、生麺が一玉ずつ入っているもので、ひとつ19円程で売っている。店にもよるだろうが。これを二玉湯がいてめんつゆにつけて食う。めんつゆの値段は数円ぐらいだろうから、これだったら50円ほどで一食が済む。しかし、なんとも味気ないが。そこは気合でカバーしてもらいたい。

3.パック入りのレアチーズケーキ

普段貧乏飯を食べていると、甘いものが食べたくていてもたってもいられなくなるときがある。そんなときは鬼の形相で業務スーパーに駆け込む。1リットルのパック(よく牛乳とかジュースが入っているやつ)に入ったスイーツだ。調べたところによると、カスタードプリン、マンゴープリン、杏仁豆腐、チョコババロアといった種類もあるようだが、私のおすすめはレアチーズだ。250円ほど。これを、これでもかってぐらい食う。うまい。飽きるが、翌日にでも食べれば良い。これで5日間は食後のデザートというすこしブルジョアな気持ちにひたれた。

まとめ

営業スーパーはパスタかうどん&そばといった主食をメインに、たまにどでかいスイーツを買うところ。肉は肉のハナマサで100g29円の冷凍レバーや100g49円の鶏肉などが売っているので、そちらの方が安いだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする