万が一のときに備えて災害救援ベンダーを知っておこう

災害救援ベンダーとは何か?

災害救援ベンダーとは普段は通常の自販機として使われるが、災害のときなどには、無償で飲料水を提供してくれる自動販売機のことだ。

どの程度の災害で無償提供が開始されるのかは、自動販売機を設置した人とボトラー社との間で結ばれた契約にもよるケースもあるようだが、災害救援ベンダーのある場所を覚えていて損はないのではないだろうか。

設置場所は学校などの行政施設や病院、集合住宅といった場所に多いという。ちなみに下の写真はその一例だ。

20170920_081823

大規模な災害時にこれさえあれば助かるというものではないと思うが、物資が届かなくて困窮していたケースもある。たかが飲料水かもしれないが、有事の際には、こうした助けに人の暖かさを感じ、前向きになれることもあるのではないだろうか。もちろん、飲料は人間必須のものだから身体的にも大いに役立ってくれる。

近所を散歩するときにでもこの災害救援ベンダーがないか、ちらっと確認しておくだけでも心のゆとりができるのではないだろうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする