入谷のおすすめランチをジャンル別に紹介します【米系・麺類・カフェ】

上野と千住に挟まれている入谷。知名度はそんなにないかもしれないが、ダンスホール新世紀や小野照崎神社に行ったり、はたまた近くの鶯谷駅に用事があるという男性も少なくないはず。意外と会社も少なくないので、営業で行くという人もいるでしょう。

安い飲み屋さんやリーズナブルなバーも多いが、美味しいランチのお店も少なくない。そんな入谷のランチ店をラーメンや米系、あるいはカフェランチといった具合にジャンル別にまとめてみた。14店舗厳選。

スポンサーリンク

ラーメン系

麺処 晴

メニュー

中華そば(醤油味)780円

塩そば 780円 など

煮干し系ラーメン店は数あれど、ここまで出汁の旨味が抽出されたスープを出すお店は少ない。煮干し系ラーメンの中では、このお店が日本一と評するラーメン通もいるくらいだ。

スープをすすると口の中にインパクトある煮干しの旨味が広がるが、鼻から抜ける香りはスッキリとしていて切れ味が良い。このスープに細麺が良く合う。麺のパツパツとした歯切れの良さも心地が良い。チャーシューはミディアムレアかつおおぶりなので「肉食ってる感」が強い。それらスープ、麺、チャーシューといったメイン食材のレベルが高いのは言わずもがな、特筆すべきはメンマのレベルの高さだ。こちらの麺は、穂先メンマといっていわゆるびろろ~んとした食べごたえのあるもの。シャクシャクとした歯ごたえがやみつきになる。穂先メンマは100円でトッピングできるのでメンマ好きの方はぜひ追加してほしい。

お腹に余裕があれば、味付きの替え玉である「和え玉」もどうぞ。そのまま食べても良し、つけ麺風にして食べても良しの一品。

ちなみに、濃厚そば(850円)も人気。読んで字のごとく旨味が超凝縮されどろっとしたスープが特徴的の一杯。出汁となる素材はその日によって変わる。お店のTwitterで確認しよう。すぐになくなってしまうので注意。

【住所】東京都台東区下谷1-11-7

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13143115/

ラーメン長山

good-3さん(@good_3_1017)がシェアした投稿

メニュー

ラーメン 650円
味噌ラーメン 680円
魚介つけ麺 780円 など

鶯谷駅南口の陸橋を渡った先にあるラーメン屋さん。こじんまりとしたカウンターのみのお店だが、常連客も多くひっきりなしに人が出入りしている印象。

スープは鳥豚骨。動物系の旨味がしっかりと抽出されているスープはクリーミー。それでいて、しょっぱさがあまりないので、ついついごくごくと飲み干してしまうスープだ。

麺は有名な浅草開花楼の麺。細麺と太麺が選べる。個人的には噛みごたえのある太麺がおすすめ。濃厚なスープとよく合う。思い出した時に無性に食べたくなる系のラーメンだ。

【住所】東京都台東区根岸1-3-21

【電話番号】03-3876-7763

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13045680/

中華そば 七麺鳥

メニュー

背脂醤油ラーメン 750円

特製醤油ラーメン 1000円 など

鶯谷駅から徒歩4分、様々なバリエーションを楽しめるラーメン屋さんだ。味の種類は醤油、塩、味噌などでつけ麺も提供している。

数種類の醤油をブレンドしているという醤油ラーメンは深い味わいがありながら、後味はスッキリ。一方、味噌はかなりガッツリとした濃厚なスープが楽しめる。一店で色々な味が楽しめる、何度でも足を運びたくなるお店。ちなみに醤油ラーメンのチャーシューは豚と鶏のダブル。どちらもしっとりとした食べごたえのあるチャーシューだ。

【住所】東京都台東区根岸2-18-23

【電話番号】03-3875-2014

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13171772/

入谷大勝軒

メニュー

中華そば 680円

特製もりそば 700円 など

大勝軒の暖簾分け店。入谷駅を鶯谷方面とは逆方向に5分ほど行った場所にある。

大勝軒といってもお店によって味は多少まちまちなところがあるが、こちらのは煮干しの甘みと豚骨の旨味がすっきりと合わさった軽い飲みくちの醤油スープ。具材は卵、メンマ、チャーシュー、のり、ナルトといった昔ながらの中華そばラインナップ。安心して食べられる中華そばだ。

【住所】東京都台東区入谷2-15-4

【電話番号】03-3876-8803

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13053697/

竹ちゃんタンメン

メニュー

竹ちゃんタンメン 780円
竹ちゃんタンメンブラック 980円
竹ちゃんタンメン野菜マシ 880円
竹ちゃんタンメン肉マシ 980円 など

言問通りと合羽橋通りの交差点にあるタンメン屋さん。黄色い看板が特徴。

タンメンのスープは鶏白湯ベース。タンメンや鶏白湯というと、あっさりとしたものをイメージしがちだが、こちらのは長時間煮込まれた濃厚系。さながらポタージュのような濃厚スープだが、鶏がベースなのでくどさはまったくない。麺への絡みも抜群。

具材の野菜は注文を受けてから炒める。もやし、キャベツ、ニラなどのシャッキリとした歯ごたえとにんにくの香りが特徴的。野菜マシにすると、ラーメン二郎のようにどっさりと乗せてくれる。いつも元気な店主の接客もまた行きたくなる理由の一つだ。

【住所】東京都台東区松が谷4-25-7

【電話番号】03-6231-6331

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13154795/

うどん・そば系

ねぎどん

メニュー

かけそば 420円
かき揚げ天そば 550円

地元に愛されているお蕎麦&うどん屋さん。行列していることも少なくないが、回転が良いので割りとすぐに入れる。うどんはコシのあるタイプではなく柔らかい。濃い目のおつゆとよく合う。揚げたてのかき揚げやねぎ肉うどんが人気。昔ながらのそば&うどん店が好きなら、一度は行ってみたいお店だ。

【住所】東京都台東区千束1-17-9

【電話番号】03-3873-9770

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13008696/

川しま

メニュー

三色盛り合わせ 1400円 など

のれんの掛かった木の引き戸が小料理屋を思わせるシックな外観。店内も落ち着いていて、大人な雰囲気を味わえるお蕎麦屋さんだ。

おすすめは三色盛り合わせそば。茶きり、せいろ、けしきりの三色が楕円状のお盆に盛り付けられて出てくる、見た目にも綺麗なお蕎麦。しっかりとした歯ごたえにつるつるとした喉越し。天ぷら系も抜群に美味しいのでお財布と相談しながら注文しよう。

【住所】東京都台東区下谷2-6-15

【電話番号】03-3875-6868

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13010505/

家康

メニュー

ざる 980円
板うどん 1200円
きつね 870円
肉うどん 970 など

「安い・うまい・ちょっと遅い 女流手打ちうどん」というキャッチフレーズが特徴的なうどん屋さん。手打ち特有のしこしことした麺がたっぷりと盛られていてボリューミー。手打ちうどんが食べなくなったらぜひ。

【住所】東京都台東区入谷1-23-2 川田ビル 1F

【電話番号】03-3874-8789

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13010502/

米系

入谷鬼子母神門前のだや

メニュー

サービスうな重 (限定8食) 2300円

うな丼 (限定8食) 1480円 など

入谷駅出てすぐ、言問通り沿いの入谷鬼子母神様門前にある鰻屋さん。テレビで取り上げられたり、グルメで知られているアンジャッシュの渡部建さんが推薦したりと話題のお店。ディナーの御膳系ともなると1万円超えするような鰻屋さんだが、ランチではうな丼が1480円で食べられたりとリーズナブル。肉厚ふっくら焼かれた鰻は甘すぎないタレと絶妙なハーモニーを生み出し、言わずもがな旨い。ランチは11時からやっているが、全てが限定食なので売り切れ御免形式。どうしても食べたいときは事前に予約しておこう。

【住所】東京都台東区下谷2-3-1

【電話番号】050-5869-5137

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13152282/dtlrvwlst/

さいとう

メニュー

海鮮丼 850円

海鮮丼(具の大盛) 1050円 など

入谷駅の4番出口から徒歩1分のところにある割烹料理屋さん。ランチの海鮮丼が有名のお店だ。画像でも分かる通り、具材がてんこ盛り。種類は季節や仕入れ状況によって変わるが、サーモン、いくら、エビ、タイ、ネギトロ、ホタテ、カツオ、タコ、ハマチなどなど。これに小鉢と味噌汁がついて1050円というのは驚愕の安さだ。しかも、ご飯はおかわり無料。腹ペコさんにとっては夢のような場所である。

ちなみに、酢飯か普通のご飯か、あるいは具材の別盛りといったオーダーもできる。行列していることも少なくないので、時間に余裕を持って行こう。

【住所】東京都台東区下谷2-9-7

【電話番号】03-3873-7321

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13022559/

河金

メニュー

河金丼(750円) など

入谷駅2番出口から徒歩1分。街の風景に溶け込むようにひっそりと佇むとんかつ屋だ。こちらはカツカレー発祥といわれている河金の名前を受け継ぐお店。もちろん、おすすめはカツカレーである河金丼。

カツは薄いロース肉を二重にした構造なので柔らかく仕上がっている。旨味がしっかりと感じられる肉にさっくさくの衣。そこに純家庭的なカレールーが合わさり、絶妙なハーモニーになっている。カツ、カレー、キャベツと食べ進んでいくと気付けばなくなってしまう一品だ。カツカレーフリークであれば、元祖カツカレーは一度は食べておきたい。

【住所】東京都台東区下谷2-3-15

【電話番号】03-3873-5312

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13003753/

カフェ・喫茶店系

カヤバ珈琲

メニュー

Cセット(たまごサンド) 1000円 など

言問通りの上野桜木の信号の角。レトロな建物が特徴的。創業は昭和13年で長年通っているファンも少なくない。メニューはドリンクが250円から600円、トーストやサンドイッチ系は400円から650円ほど。特に人気なのはランチのCセット(たまごサンド)だ。からしマヨネーズが塗られたパンに挟まるのは厚焼き玉子。関東でいうたまごサンドはゆで卵をマヨネーズなどと和えたものが主流だが、こちらでは関東では珍しい厚焼き玉子のサンドイッチが食べられる。パンはしっとり柔らかで厚焼きやマゴもふんわり柔らか。まさに優しい味とゆったりとした時間が過ごせる喫茶店だ。付いてくるオニオンスープも濃くて美味しい。

人気店なので土日なんかには行列することもしばしば。入谷から少々離れてはいるが、足を伸ばしてでも行きたくなる喫茶店だ。

【住所】東京都台東区谷中6-1-29

【電話番号】03-3823-3545

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13019585/

DEN

メニュー

グラパンセット 980円 など

昭和の雰囲気が漂う老舗の喫茶店。孤独のグルメに出たことで、その聖地巡礼として若い女性の間でも人気になっている。ここの看板メニューは「グラパン」だ。まるまる一斤使った食パンの器にグラタンが並々と入っている一品。中の具材はエビやハムなどから選べる。濃厚なグラタンをしっかりと焼かれた周りのパンを付けながら食べ進めていく。見た目のインパクトも凄いが味もバッチリ。

ちなみに、フロート系は逆さまになったソフトクリームがまさにで~んと乗っかっている。グラパンと共にフォトジェニックでインスタ映えする一品だ。

【住所】東京都台東区根岸3-3-18 メゾン根岸(鶯谷) 1F

【電話番号】03-3875-3009

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13041212/

イリヤプラスカフェ

メニュー

ホットコーヒー 450円(平日390円)
アイスアールグレイティー 450円(平日400円)
あんみつパンケーキ 850円
パンケーキ・ニューヨーク 680円
ミートローフのランチセット 900円 など

入谷駅から徒歩1分。下町情緒あふれる古民家風の自然食カフェ。星野源さん主演のドラマ「プラージュ」のロケ地でもある。ちなみに嵐の松本潤さんもお忍びで来たことがあるんだとか。パンケーキが人気。ランチ向きにでは、ベーコエッグのパンケーキなど甘くないものも多数ある。

木のぬくもりが感じられる店内には本も並べられているので、ゆっくりランチを取りたいときにおすすめ。

【住所】東京都台東区下谷2-9-10

【電話番号】03-6273-1792

【食べログURL】https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131104/13090365/

まとめ

入谷近辺のランチ店を紹介してきた。紹介した通り、入谷周辺には美味しいランチ店がけっこうある。ぜひ、参考にしてお店を覗いてみてほしいところだが、美味しいランチ店がある一方で、味は普通、値段も普通、だけどなんか良いお店というのもたくさんある。入谷や鶯谷の特徴の一つといえる。その代表格といえるのが、鶯谷駅北口を出て10秒のところにある信濃路だ。昼でも飲んでいる方々がごった返している。様々な国籍の店員の方がその国の文化様式に則って接客をしてくれる。飲んでいる人が大半だが、そばやカレーといったものもあるので、鶯谷の雰囲気を肌で感じたかったらぜひ。ちなみに、入って右はテーブル席、左がカウンター席なので左に行こう。おすすめはハムエッグ、ドレッシング抜きだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする