【大食い】木下ゆうかさんが食べたもので一番重いものは?

スポンサーリンク

木下ゆうかさんがこれまで食べたものの中で一番、量が多いものは何?

年甲斐もなくYouTubeをついつい見てしまう。食事の時などは、一人で食べる寂しさを紛らわすためか、いわゆる大食いYouTuberの方の動画を見てしまう。

大食いYouTuberといえば、木下ゆうかさん、ロシアン佐藤さん、MAX鈴木さん、カワザイルさん、中島佳代さんなどが有名どころだ。どの動画も食べっぷりが良くて気持ちが良い。こちらまで食欲がわいてくる。

どの方も無尽蔵じゃないかというぐらい大量の食べ物を食べているが、そこで一つの疑問が浮かんだ。今まで一番食べたのはどのくらいの量なのだろうと。で、調べてみた。今回は大食いYouTuberの中でも最も有名といえる木下ゆうかさんの食べたものについてランキング形式にしてみた。

なお、動画をさかのぼってみると、「食べたものの重さ」が表示されているのは、2015年6月あたりからなので、そこからの集計となる。また、複数人で食べたものやお店をはしごしたものはノーカウントとしている。

重さランキング

第5位 釜玉うどん大盛り×10杯と肉炒め。7.9kg

【大食い】冷やし釜玉うどん大盛り10人前!&肉炒め[7.9kg]10190kcal【木下ゆうか】

釜玉うどんと肉炒め。容器の重さを含めたうどん一杯の重さが742g。容器の重さが18g。つまり容器の重さを引いたうどん一杯が約720g。これを10杯で7.2kg。それに約700gの肉炒めをプラスして、合計で7.9kg。さすがに多かった&釜玉なので体が冷えるということで、20分の休憩。その後完食。すごい。

第4位 かけるチーズハンバーグと豆腐の味噌汁。8kg

【大食い】かけるー!チーズハンバーグ丼♡ [チーズ600g] +お味噌汁1kg [8キロ] 13941kcal【木下ゆうか】

チーズハンバーグ丼とお豆腐のお味噌汁。器の重さを入れたチーズハンバーグ丼の重さが6.4kg。器の重さを引いて、5.5kg。そこに豆腐の味噌汁が1kg。器に入り切らなかったかけるハンバーグを律儀に途中で追加。この量が、1.5kg。つまり合計8kgだ。フードファイターのような大食い選手だと終盤になると苦しそうな感じになってしまいがちだが、最後まで美味しそうに食べるからすごい。

第4位(同率) 巨大シュウマイ&ウィンナーとスープ 約8キロ

【大食い】巨大料理 [私サイズ晩ごはん] シュウマイ&ウインナー&スープ [約8キロ] 10635kcal【木下ゆうか】

シューマイとウィンナーとスープ。器の重さを引いたシューマイの量が1.7kg。同じくお皿の重さを引いたウィンナーの重さが0.53kg。トマトと卵のスープが2.8kg。ニラ玉が0.9kg。そこにご飯が6合で2.1kg。合計、8.03kgで約8kgだ。6合の山盛りご飯が当たり前のように映っているが、日本昔話クラスだ。

第4位(同率) 銀だこのたこ焼き200個 約8kg

【引っ越し】お祝いにたこ焼き200個食べるけど8キロあるから無理かもしれない【木下ゆうか】

銀だこのたこやき。1舟8個入りのものが3舟セットになっているパックが8パック。これでたこ焼き192個。そこに通常の8個入りのものを1舟。合計200個のたこ焼き。味は、スタンダードたこやき、チーズ明太子、てりたま、ネギだこ、エビマヨ。紙箱を入れた1パックの重さが1.16kg。箱の重さを抜くと1.06kgで約1kg。これを8パックなので8.48kgで約8kg。152個食べた段階で休憩を2時間挟んだものの完食。すごすぎる。

第1位 中国の麺料理 8.6kg

【大食い】中国で大人気の麺料理[螺蛳粉]を作ったら思った以上に大量で完食の危機!辛いけどツルモチ麺で美味しい![8.6キロ]11653kcal【木下ゆうか】

螺蛳粉という中国の食べ物。量が多かったのか器が2個。器の重さを引いて、1個4.3g。2つで8.6kg。しかし、スープが辛かったようで、スープは完飲せず。実質食べたのは6.6kg(それでも異次元レベルだが)。ということで、実質の1位は、上記の「たこ焼き」「ジャンボシュウマイ」「かけるハンバーグ丼」ということになるだろう。ちなみにすいか10kgといったものもあったが、皮の重さもありそうなので、それは除外ということにしておいた。

まとめ

すごすぎ。お腹へってくる。思えば昔、ジャイアント白田、小林尊、新井和響、岸義行といったフードファイターに心躍らせたものだ。大食いにはなぜだか惹かれる魅力がある。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする