ザ・ジャンク飯「“ガリタル” 辛すた丼」を食べた人の反応まとめ

門外不出の特製ニンニクダレとボリュームたっぷりの豚バラで飯をガツガツ食べる店、「伝説のすた丼屋」。腹ペコサラリーマンや食べ盛りの学生に人気のチェーン店で、その本領発揮といえる新メニューが、3月1日に発売された。その名も、「“ガリタル” 辛すた丼」(880円)である。

ガリタルという響きから、何だか強そうなイメージが浮かぶが、ゆで卵1個分とおろしニンニクが入った濃厚ソースが「ガリタル」というから、あながち間違いではない。

ちなみに、この「辛すた丼」とは、伝説のすた丼屋の海外1号店であるシカゴ店で提供していたオリジナルメニューである。2017年には国内でも期間限定で発売された。その辛味とニンニクのパンチが効いた辛すたダレが飯と相性バッチリと好評で、累計五万食が売れたそうだ。

で、今回の「“ガリタル” 辛すた丼」は、その辛すた丼にガリタルソースを合わせたパワーアップ版である。ジャンク好きな向きには、よくぞやってくれたと賞賛に値する商品開発だが、もともとは辛いものが苦手な従業員が、辛すた丼の辛さを緩和させるために考案したものだという。総重量はなんと700g。ダイエットだ糖質オフだと言われている現代に、風穴を開けるグラム数である。

ま、そうした知識は食べるときには関係ないのでこれぐらいにしておいて、「“ガリタル” 辛すた丼」を食べた方の反応を見ていきたい。

スポンサーリンク

「“ガリタル” 辛すた丼」を食べた人のレビューまとめ

まとめ

概ね好評のようだ。しかし、かなり辛めのようなので、食べるときはタルタルソースとキャベツを計画的に使っていった方がよさそうだ。カロリーなんて気にせず、暴食したい。そんなときにはこの「“ガリタル” 辛すた丼」を胃に放り込んでみてはいかがだろうか。なお、「中野新橋店」「み~さんの店」「談合坂SA(下り線)店」「埼大通り店」「ゆめタウン光の森店」「ゆめタウン久留米店」では販売していないというから、行って泣かないようにしよう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする