シンバブエのムガベ大統領のスーツが個性的過ぎる(画像あり)

ジンバブエの大統領ロバート・ガブリエル・ムガベ氏のスーツが個性的過ぎる

2017年11月18日、ジンバブエの首都ハラレなどでムガベ大統領の退陣を求める数万人のデモが行われた。報道によれば、同国の与党が19日の会合で党首から解任する見通しであるという。

ジンバブエはかつて南ローデシアというイギリス領だった。植民地支配に対抗するゲリラ組織が生まれ、1980年にジンバブエとして独立。そのゲリラ組織のリーダー、つまり独立の英雄として讃えられたのがムガベ大統領だ。しかし、その独裁的な圧政やハイパーインフレを起こしたジンバブエドルの大量発行により求心力を落とす。海外からは最悪の独裁者というレッテルも貼られてしまった。

そんな解任劇の真っ只中にあるムガベ大統領だが、一方でその服装にも注目が集まっている。権力を誇示するかのような自身の顔がプリントされたもの、あるいは奇抜な色使いなど確かに個性的。そんなムガベ大統領のファッショナブルなスーツコレクションをまとめてみた。

ムガベ氏の個性的なスーツの数々

側近もムガベファッション

まとめ

革命戦士から英雄となった例で言えばチェ・ゲバラが有名だが、彼の顔をプリントしたTシャツもよく見かける。が、ゲバラ氏は自分の顔を自身でプリントして、それを着たことがあるだろうか。ムガベTシャツが流行る日は来るのか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする