東京都内で交通死亡事故が一番多いのはなに区?

2016年の交通事故死亡者数は159人(東京都)

東京都で2016年中に交通事故によって亡くなった方の数は159人。なお、この数は交通事故発生から24時間以内に亡くなった数。

交通事故が原因で入院し、30日に以内に亡くなった数は言わずもがなもっと多い。

この159人という数字は戦後最小のようだ。

では、東京都の中でも死亡事故が多いのはどの市区町村なのだろうか?

大田区が11人でワースト1位

市区町村で見る死亡事故の件数は以下の通り。

大田区 11人

練馬区 10人

板橋区 8人

江東区 8人

八王子市 8人

足立区 7人

杉並区 7人

町田市 7人

世田谷区 6人

江戸川区 6人

台東区 6人

葛飾区 4人

港区 4人

墨田区 3人

北区 3人

渋谷区 3人

千代田区 3人

西東京市 3人

武蔵野市 3人

あきる野市 3人

府中市 3人

豊島区 2人

中野区 2人

新宿区 2人

中央区 2人

清瀬市 2人

小平市 2人

稲城市 2人

東村山市 2人

立川市 2人

多摩市 2人

青梅市 2人

文京区 1人

品川区 1人

目黒区 1人

三鷹市 1人

小金井市 1人

国分寺市 1人

武蔵村山市 1人

瑞穂町 1人

羽村市 1人

奥多摩町 1人

荒川区・調布市・狛江市・東久留米市・国立市・東大和市・昭島市・日野市・福生市・日の出町・檜原村・大島町・利島村・新島村・神津島村・御蔵島村・八丈町・青ヶ島村・小笠原村 0人

まとめ

ちなみに状況別では、歩行中が37.1%、自転車乗車中が22.6%、原付きを含む二輪車乗車中が25.2%、自動車乗車中が14.5%で、歩行中が一番多い。年齢別では、65歳以上の高齢者が全体の39.6%を占めていて一番多い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする